亀頭・陰茎増大術とは、要するに男性器に脂肪などを注入することによって、男性器を太く、長くすることが出来る手術のことです。

この手術を受けることによるメリットは、文字通り男性器を増大できることです。

 

男性器が大きく、太くなるので、自分の性器のサイズに不満がある人にとっては、福音ともいえる手術です。

この亀頭・陰茎増大術には色々な施術法がありますが、それを大まかにわけると、注射を使って男性器を大きくする方法と、メスを入れて男性器を大きくする方法があります。

 

どちらの方法でも、男性器増大の効果があるので、自分のモノにメスを入れるのがいやなら、注射を使って大きくする方法を選ぶといいでしょう。

ちなみに、この手術をすると、術後しばらくは性行為、入浴が禁止になるので、手術を受けるなら、その辺のことには気をつけましょう。

 

といっても、(手術の内容にもよりますが)患部を濡らさないようにシャワーをあびるくらいなら問題ないので、そこまで神経質になって術後の事を考える必要はありません。

よほど重労働でない限り、仕事なども普通に出来ます。

 

なので、患部にダメージを与えたり、刺激してしまうことは出来ないということを除けば、いつも通りの日常を過ごすことが出来ます。

 

この手術には、男性器のサイズが大きくなる、早漏が改善されるといったメリットがありますが、同様にデメリットもあります。

 

それは、費用がかかることと、手術内容によっては、しばらくすると男性器の大きさがもとに戻ってしまうことです。

この手術には、メリットだけでなくデメリットもあるので、手術を受けるなら、それらをよく考えた上で受けると良いでしょう。

細いという悩みに【増大術】

ペニスというのはいわば男性の象徴のようなものでそれに関する悩みは誰もが持っています。

中でもペニスが細くて悩んでいるという人も多いと思います。

 

そんな悩みを解決しようと考えた時にチントレやサプリ以外にも手術を行うという方法もあります。

でも手術はよく分からないし怖いなあと思う方も多いはず。今回はそんな方のためにペニスの細さを解消する『増大術』について書いてみたいと思います。

 

増大術』というのは簡単に言うと ヒアルロン酸やコラーゲンなどをペニスに注射して太くする方法です。また自分の脂肪を注入する方法もあります。それらを注入することでペニスがボリュームアップし太くなる仕組みです。

 

他にも『長茎術』と呼ばれる手術法もありますがそれは手術によってペニスを長くする方法なので『増大術』とは全く別物です。

『増大術』を行う上でのメリットについてですが、1番は何と言っても手軽さにあります。

 

メスなどは一切使わず注射するだけなので施術時間も短く済みますし、手術ミスと言った心配もないのがメリットと言えます。

ただし当然デメリットや注意点などもあります。

まずヒアルロン酸やコラーゲンなどは注射しても時間とともに体に吸収されて元に戻ってしまいます。1回あたりは比較的安く済んでも回数が増えると高額になってしまいます。

 

また自分の脂肪を注入する方法の場合は脂肪が生着すれば永続的に効果が期待できますが生着率には個人差があります。脂肪注射は他のものに比べて高額になってしまいます。最後にペニスの増大術をやろうと思った時にどこのクリニックに行こうか当然悩むと思います。

 

色々なクリニックがありますが『高須クリニック』は多くの方が知っている有名なところなので候補として良い所だと思います。

『高須クリニック』のサイトでは増大術などの治療法についてきちんと解説されていますし、メール相談などもできるので利用しやすいと思います。

 

以上、ペニスの増大術について書かせてもらいました。

ペニスの増大術というのはメリットがあればデメリットももちろんあるのでそれらを精査した上で判断することが大切ですね。