男性の尊厳に(ある意味ですが…)関わるであろう包茎、いざ包茎手術をやって改善させようと思っていても右も左も分からない状態です。

もしもこれから包茎手術の施行を受けようと思っているのであれば簡単にですがこれから教える2つの事に注意して頂けたらと思います。

 

注意1「料金体制」

包茎手術をする上で気をつけたいのが料金体制

包茎の専門クリニックで治療してもらった場合、平均的な相場は10~30万円とお高めです。

 

特に包茎にも種類があり真性やカントン包茎の場合はペニス自体が不衛生な状態で早い話が命に関わる問題なので保険が適用され安く出来る可能性もありますが仮性の場合はそうではないのと前2つの状態の包茎でも適用されるかも不明呂なので保険適用外の料金前提で予算を組んだ方が良いでしょう。

 

注意2「トラブル経験の有無」

クリニック自体はとても綺麗でHPでも良い雰囲気を醸し出していてサービスも効いてここにしようかと検討される方もいらっしゃるかもしれませんがそれだけで決めるのは待ったです。

外見は良くても手術を施工するドクターの腕が駄目ならトラブルのみならず自分のペニスにとっても生死に関わる問題です。

 

手術後にトラブルが発生しペニスに後遺症が残る、酷い時はペニス自体が壊死してしまうと笑えない事態になった男性方をよく見かけます。

また施工前に提示した料金と施工後に提示された料金が違っていて勝手にクリニック側で追加料金を入れていたトラブルも同様に多く見かけるので要注意です。

 

場所的に近かったり値段が良心的だから等と外見の良さだけで取り付かずまずは一呼吸おいて施行を受けようと思っているクリニックの前情報と評判を集めてから取り組んだ方が安全です。

 

ざっくり簡単にですがこの2点にだけは気をつけて欲しい点です。

包茎手術はペニス的にも金銭的にも一大決心を迫られるのでより慎重に行動して包茎を直すように心掛けておいて下さい。