男としても男性器としても一皮向けたいと思い包茎手術を施行するも毎回成功…と言う訳にもいかず何処かでトラブルに見舞われてしまう人もいます。

そんなトラブルの中でも特に多い案件がこちらになります。

 

1「指定された料金と違う」

包茎手術と言うのはコースや施工するクリニックで違いはあれど平均的な相場だと約15~20万円と大きく幅があり包茎でも症状や保険適用の有無によって料金は左右されます。

けれど手術前に事前に説明を受けてればトラブルは無いのですが問題はその後です。

 

クリニック側で無断でオプションや説明とは違うコースで施工し説明時とは違う料金を支払わないと行けなくなった金銭トラブルに見合ったと言う人も多いです。

 

2「手術の後遺症が残った」

幾ら評判の良いクリニックを選んで高いお金を払って手術をしても手術する医師の腕が下手くそでは金の無駄所か後遺症が残る場合もあります。

 

傷跡が残るや手術口から内出血等はまだ可愛い方で酷い場合だと男性器自体が壊死して使い物にならなくなってしまった笑えない事態も起きており、金銭以上に取り返しの付かないトラブルとしてよく挙げられます。

 

この2つが特に目立つトラブルとして挙げられます。施工した後ではもう後戻りは出来ませんがする前なら回避する術があります。例えば…

 

手術しようと思っているクリニックが本当に評判が良いかどうか調べる

 

ネットが発達している今日、受けようと思っている病院の評判を調べるぐらいはすぐに出来ます。

良く悪くも実際に受けた人の声が聞けるので下調べなしで行くよりは安全です。中にはレビューどころかHPすらないクリニックもありますが調べておいて損はないです。

 

果たして本当に包茎手術をするべきかもう一度見つめ直す

 

本末転倒な気もしますが余程重症や女性のパートナーとの性交する見込みがある場合はともかく日常生活に支障がない、今はそんな相手がいないだと敢えてしない方が安全と言う場合もあります。

問題を先延ばししてるだけと言われたらそうかもしれませんが無理に急いでやるよりかは本当に必要迫られた時にするのも一つの手として紹介したいです。

 

今回は以上です。

包茎手術は一度トラブルに見舞われると取り返しの付かない事態が多いので選ぶ時は慎重に行いましょう。